ペンドラーバトン好きのポケモン日誌

ポケモンの対戦まとめです。

剣盾S27最終319位 晴れリザードン偽装パ

 

f:id:Penpenpendlar:20220301211348j:image

1. はじめに

 S27で過去最高の順位とレート1900を達成したので、構築記事を書きます。

 コンセプトは「晴れリザードン構築と思いきや、ガマゲロゲ(グラードン)が初手ダイマしてくるのかい」です。

TNあずさ 最終319位 レート1906

f:id:Penpenpendlar:20220301211331j:image

 最終日1500位から初めて、なんとか上げきることができました。

 勝てる相手には、2手目で降参を量産できたりする一方で、勝てない構築には絶対勝てないと尖った構築です。

 

2.構築の組み方

 禁止伝説二匹ルールということで、いろいろ試して潜っていましたが、その中でもルギアの性能に惚れ込み構築の軸としました。ダイマなしで相手の物理積み技がなければ、ほぼどんな相手も圧倒します。

 ルギアを積んで倒してくる相手の切り返しとして、スカーフメタモンを採用しました。

 ルギアメタモンを1番強く使うには、初手ダイマで相手の数的有意をとってかつダイマを切らせる必要があります。初手ダイマとして意表をつけて、かつ火力が出るポケモンとして特殊ガマゲロゲを採用しました。

 ガマゲロゲを初手ダイマ要員と思われないように、グラードンリザードンの晴れ構築っぽい並びにしました。この並びを使うことで、ガマゲロゲカイオーガ受けの貯水っぽく見せられた気がします。またリザードンステルスロックで削るためのカバルドンランドロスを初手に呼ぶために、ガマゲロゲのカモにできました。

 グラードンはチョッキを持つことで、ほとんどの禁止伝説ポケモンとのダイマを打ち勝つことができ、ガマゲロゲが出せない試合でも、1.5体くらいは持って行ってくれました。

 最後にラッキー等の受けポケ対策として鉢巻悪ウーラオスを採用しました。

 

2 個体解説

リザードン 気合の襷

f:id:Penpenpendlar:20220301211401j:image

f:id:Penpenpendlar:20220301211413j:image

本構築のマスコット。

 合計300戦くらいしたが、一戦も出せなかった。それでもザシアン等の物理に抗えるように襷カウンター。

 はらだいこ等を入れて、予想外の崩しをできるようにしてもよかったが。

 正直この枠でジガルデ対策すれば、もう少し勝てた気がするが、偽装を崩すのが、怖くて外れなかった。

 

グラードン 突撃チョッキ

f:id:Penpenpendlar:20220301211428j:image

f:id:Penpenpendlar:20220301211437j:image

調整:A特化で、Sは最遅サンダー抜き、残りH振り。

初手ダイマ要員1

 ガマゲロゲが出せない試合のダイマ要員。

 ザシアン、ホウオウ、ディアルガゼクロム等多くの禁止伝説に強く、サンダーにも滅法強い。また数多ある電磁波で起点を作る相手にも強く出れる。

 リザードンがあるおかげで、初手出ししても、割とダイマが読まれづらく、勢いに乗って3タテする試合もしばしば。

 弱い点は、命中不安定と地面技の択が発生すること。

 

ルギア アッキの実

f:id:Penpenpendlar:20220301211600j:image

f:id:Penpenpendlar:20220301211604j:image

調整:最速サンダー抜き。Hぶっぱ。残りB。

 本当に頼りになるMVP。

 ザシアン、ウーラオスといった物理の最強火力からオーガ、黒バドといった特殊の最高火力に対しても、運が下降れしなければ、起点にしてしまう化け物ポケモン

 エアスラのマヒ怯みでラッキーさえも突破してしまう。

 メタモンにも強いのが素晴らしい。

 弱点はテッカグヤの宿木や、ムゲンダイナの毒毒で、対策としてみがわりも考えたが、どう考えても他の技が外せない。

 ただし、火力は非常に乏しく、3段階積んでも、ザシアンのみがわりが割れないことも。

 

メタモン こだわりスカーフ

f:id:Penpenpendlar:20220301211658j:image

f:id:Penpenpendlar:20220301211704j:image

 

最強の切り返しポケモン

 黒バド、ザシアンをコピると、基本は試合を終わらせてくれます。

 ダイマイベルタルにはルギアを出した後に、メタモンにひいて切り返したり、絶対零度ラプラス読みで引いたり、いろいろ戦術の幅が広いポケモンでした。

 ただし、みがわりもちのザシアン等、しっかり対策されている時もあり、刺さらない試合もありました。

 

ガマゲロゲ 命の珠

f:id:Penpenpendlar:20220301211758j:image

f:id:Penpenpendlar:20220301211804j:image

ダイマエース2

  カバルドンランドロスがいれば、絶対初手と信じて、初手出ししていました。

 特殊にしたのは、カバルドンランドロスをワンパンするためです。

 ガマゲロゲの初手ダイマが決まれば、大抵の試合はイージーウィンできます。

 眼鏡ムゲンダイナやリフスト黒バドにワンパンされることもあり、多少のもろさはあります。

 

悪ウーラオス こだわり鉢巻

f:id:Penpenpendlar:20220301211841j:image

f:id:Penpenpendlar:20220301211848j:image

 キュレムやジガルデ、ラッキー対策ポケモン

 一貫性を作れれば、強いが、ザシアン、ゼルネアスが多く、なかなかきつかった。

 ジガルデ対策で鉢巻ドラパルトかカプレヒレに変えることも考えたが、ラッキーやハピナスは必ず出てくるため、ウーラオスを変えられなかった。

 

3. 選出パターン

基本:初手ダイマ要因(ガマゲロゲorグラードン)+ルギア+メタモン

7割くらいは、この選出。一番多いザシアン+カイオーガは8割くらい勝てる

初手ダイマ要因は、ランドロスカバルドンがいたら、どんなに刺さってなくても、ガマゲロゲを採用した。

・受けループ系

グラードン+ルギア+ウーラオス

 鉢巻悪ウーラオスで崩そうとしていたが、ムゲンダイナに完全に受けられてしまう

ゼクロムキュレム

グラードン+ウーラオスメタモン 等

 特性貫通で弱点をつかれるためルギアがつらい。代わりにメタモンで切り返しやすい

・ジガルデ入り

 グラードン+ルギア+ウーラオス

ウーラオスの冷凍パンチをいいタイミングで当てないと勝てない。

最終日のメインロムの勝率がよかったのは、ジガルデ入りに当たらなかったから。

 

4.最後に

 正直、年末休みしかまともに潜らないと思っていたのに3ヶ月連続最終日に潜ってしまいました。

 構築を思いついた時には、天才かと思っていたものの、勝てない相手にはどうしても勝てない欠陥も多い構築でした。

 ルギアの強さは今回実感したので、最適な相棒をあと6ヶ月で探したいと思います。